果実物語

紅柿の発祥物語

今から300年ほど前、宮川が大洪水にあって三関根村も泥水に浸りました。
上関根の庄屋・川口久右ェ門さんでも使い川が泥いっぱいになったので、川ごみをさらって小屋の傍らに積み上げておきました。
ある日赤い翼の小鳥が萱平の方から飛んできて遊んでいました。
やがてこの川ごみの中から小さな柿の双葉が出てきました。
川口さんがこれを大切に育てると赤い柿の実がいっぱいになりましたが、余りに渋いので上山の出湯に浸すと、甘柿に変わりました。
それ以来、村の人はその柿の種や、さし木、根分けなどをしてもらい、近くの山里・関根郷はおいしい紅柿の産地となりました。
(上山市市報から抜粋)

 


FAXでのご注文も承っております。【ご注文用紙のダウンロードはコチラから】
ページの先頭へ
COPYRIGHT © 無添加紅干し柿、無添加紅つるし柿、さくらんぼ、ぶどうの通販なら、無添加食品にこだわった須田青果園。 ALL RIGHTS RESERVED.