果実物語

紅柿の産地化へ

紅柿の発祥は、現在も三上の川口敏さん宅にある原木がはじまりとされています。
ここでしか取れない紅柿は上山を中心に、山形市・天童市・山辺町の一部などで栽培されますが、上山市内旧本庄村(三上・相生・関根)が本場の生産地です。
明治時代にはこの地区は、三関根(上関根・中関根・下関根)と呼ばれ、紅柿は俗に関根柿とも言います。
関根柿は、天保年間の(上山名産名所番付)で前頭4枚目に載っており、江戸時代中期ごろには既に名産物になっていたと思われます。
昔は干柿にもしましたが、上山の出湯で渋みを抜き、街をまわって売り歩いたそうです。
本格的に干柿を作って販売するようになったのは戦後のこと。
お菓子のない時代甘い食べ物として珍重され、産地化していきました。
(上山市市報から抜粋)


FAXでのご注文も承っております。【ご注文用紙のダウンロードはコチラから】
ページの先頭へ
COPYRIGHT © 無添加紅干し柿、無添加紅つるし柿、さくらんぼ、ぶどうの通販なら、無添加食品にこだわった須田青果園。 ALL RIGHTS RESERVED.