果実物語

佐藤錦誕生

さくらんぼの品種改良は、佐藤栄助氏によって大正元年(1912年)に着手されました。
改良は、味は良いが日持ちが悪い「黄玉」、日持ちは良いが固く酸味の強い「ナポレオン」をかけあわせることから始められ、大正十一年(1922年)、その苗木に初めて実を結ばせることができました。
これらの苗木からさらに優れた一本を選び、新しいさくらんぼの「原木」としたのです。
これが後の佐藤錦です。


FAXでのご注文も承っております。【ご注文用紙のダウンロードはコチラから】
ページの先頭へ
COPYRIGHT © 無添加紅干し柿、無添加紅つるし柿、さくらんぼ、ぶどうの通販なら、無添加食品にこだわった須田青果園。 ALL RIGHTS RESERVED.